新卒応募 中途応募

インタビュー

インタビュー

前職と転職のきっかけについて教えていただけますか?

私は前職、不動産開発の仕事を3年ほどしておりました。土地を購入してマンション建築をするという仕事から、当社に転職することで、税務を含めスキルフルな不動産の販売方法を学ぶことができ、非常に勉強にもなっていますし、最先端の税務スキームとともに不動産業務に携われるという点に魅力を感じています。

現在の業務内容について教えてください。

当社は、企業経営者や地主さんなど個人オーナーをターゲットにしていますので、申告業務から派生して出てきた不動産に関するコンサルタント業務、相続に関するご相談に対して不動産の活用方法をご提案するという業務を行っています。例えば、資産を不動産のまま承継するのではなく、資産管理会社の所有とすることで、株式形式で複数の相続人に分配できるようにして、円滑な相続や事業承継ができるようにするといったことですね。

転職により、業務内容や職場の雰囲気は変わりましたか?

不動産の活用により報酬をいただくという点においては、前職と業務内容は一緒ですが、アプローチの仕方が全然違います。例えば、不動産開発の場合、大々的な広告を打ったりチラシを配ったりという業務がありますが、当社の場合、クライアントの資産背景に応じて申告やお悩みについての相談を受けた上で、不動産の活用方法をご提案するというコンサルタント業務がメインになります。ですから、広告活動はほとんど行っていませんし、前職に比べクライアントの役に立っているという実感を持つことができます。また、不動産開発の場合、図面をひく専門スタッフや、営業部隊などがいる男性中心の職場環境でしたが、当社の場合、女性社員の比率が高く、もはや異業種に転職してきた感じです。今後は、もっと男性比率を上げて行きたいですね。

部下の育成や接し方で気を付けていることは?

当社はまだまだ成長段階なので、なるべく多くの案件に携わってもらうことで即戦力となる人材を育てていきたいと思っています。対業者さんであれば、新入社員同士で交流してもらう。知らないことやわからないことがあれば、どんどん電話をかけて問い合わせてもらうようにして専門用語を覚えてもらう。もちろん、適宜フォローは行いますが、考えて動くよううながすことで、常にクライアントのニーズを考えて自ら調べてやるべきことを考察できるように、なぜそう考えたのかというプロセスまで意識できるよう、すぐに答えを教えないような接し方を心掛けています。

社内イベントは、どんなものがありますか?

昨年は、日帰りですが社内旅行で富士サファリパークに行きました。大型バスをチャーターして、ランチは地ビール飲み放題のバイキング、夜は横浜中華街で宴会。とても楽しかったです。
このほかにも、社員の誕生日を祝ったり、クリスマス会を社内で行ったり、年が明けてからも全員の時間を合わせて新年会を開催し、社長や他部署の社員との交流を深めました。

この会社に入ってスキルアップしたと思う点は?

前職は中途採用の人が多かったため、新卒社員の指導は初めての経験でした。そのため、ゼロから人を育てることで、自分自身を見つめ直すことができたと思っています。例えば、共通言語がない新入社員もいますし、そういう人に対してアドバイスを伝えるにはどうしたらいいのか、自分が新入社員の立場であれば、私のアドバイスをどのように受け取るだろうかだとか、常に考えて意思疎通を密に取るようにしています。そういった意味で、より慎重に丁寧に人に接することができるようになったのではないか、と自分では思っています。

他の社員インタビュー