コラム

ネイチャーの強み(FAS)

2020年8月13日

ネイチャーグループはオーナー特化型資産税事務所である税理士法人ネイチャー国際資産税と、資産運用方法を提案する株式会社ネイチャーFASの2社で構成されています。こちらの記事では株式会社ネイチャーFASの強みを紹介します。

株式会社ネイチャーFASは保有資産の運用によってさらなる資産形成を望まれるお客様を対象に、資産運用方法の提案をしています。税務対策を加味して不動産・有価証券・M&Aの提案などをしていますが、どのような点を強みとしているのでしょうか。詳しく紹介していきます。

ネイチャーの強み1.独自の広範な専門ネットワーク

株式会社ネイチャーFASでは、独自の広範な国内外専門ネットワークを駆使して、未来を見据えた新たな投資商品の紹介もしています。グループ会社の税理士法人ネイチャー国際資産税とも協力し、国内大手金融機関・国外大手金融機関のアドバイザーも務めています。

税理士法人ネイチャー国際資産税が年間500件の国際案件を対応しているので、常に最新の情報をやりとりしています。国内外さまざまなネットワークを築いているネイチャーグループであるからこそできる提案を、株式会社ネイチャーFASではしていきます。

ネイチャーの強み2.投資分析・国際投資にも対応

株式会社ネイチャーFASは投資分析コンサルティング・国際投資コンサルティングにも対応しています。M&A・不動産・リース・保険・証券・VC(ベンチャーキャピタル)など、さまざまな商品からお客様に合った商品を提唱しています。

提案できる商品の幅が広いのは、株式会社ネイチャーFASの強みの一つです。投資分析コンサルティングや国際投資コンサルティングなどに対応できることで、お客様のニーズを満たしていきます。

ネイチャーの強み3.個人特化の資産運用・相続対策専門コンサルティングファーム

ネイチャーグループは経営者・投資家といった個人に特化した資産運用・相続対策専門のコンサルファームです。対象を個人の経営者・投資家に絞ることによって、お客様にとって精度の高い情報が提供できます。

税理士法人ネイチャー国際資産税と株式会社ネイチャーFASはグループ間で相互に一気通貫で最高のサービスを提供しています。お客様を個人の方に特化しているからこそ、よりよい情報を提供して、実績を作っていっています。

個人の方に有益な情報を提供し続けた結果、資産運用・相続対策専門分野では、日本最大級のコンサルファームになりました。2020年6月現在では70名以上の社員が、ネイチャーグループで働いてくれています。今後も個人の方を対象に、専門特化したコンサルファームとして経営を続けていきます。

ネイチャーの強み4.TIF方式での資産運用

ネイチャーグループでは、TAX(税務)×Finance(資金/金融)×Investment(投資) の3つを掛け合わせた弊社独自の資産運用を提案しています。それぞれのアルファベットの頭文字をとって、TIF方式と名付けています。

ネイチャーグループのお客様である経営者・投資家の方は、さまざまな悩みを抱えていらっしゃいます。そのため税務・資金・投資を複合提案できるで、お客様の悩みを一気に解決できます。

今後も個人のお客様の悩みを解決できるように、国内外の有益な情報を提供していきます。

まとめ

株式会社ネイチャーFASは税理士法人ネイチャー国際資産税と協力して、お客様の資産を増やすお手伝いをしています。独自の広範なネットワークを駆使して、さまざまな商品を提供できるのは、株式会社ネイチャーFASならではの強みではないでしょうか。

株式会社ネイチャーFASの事業について、より詳しい話を聞きたい方はぜひ会社説明会にご参加ください。ネイチャーグループでは、事業拡大に伴い積極採用しています。