コラム

新型コロナウイルス対策

2020年8月13日

2020年新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が猛威を振るい、社会も企業も大きな変化がありました。弊社でも説明会のウェビナー化や、テレワークの導入など働き方を大きく変えることになります。

こちらの記事では、ネイチャーグループの新型コロナウイルス対策を紹介します。外部環境に変化があったとしても、柔軟に適用していく様を見ていただければと思います。

早急に説明会・セミナーをウェビナー化

新型コロナウイルスの影響で、会社説明会やセミナーを開催することが困難になりました。弊社では早急に説明会をウェビナー化し、自宅からパソコン・タブレットで視聴できるように対応しています。

会場に足を運ぶことなく気軽に説明会・セミナーを受講できるので、クライアントや求職者の方からも好評をいただきました。今後も状況に応じてウェビナーを活用していきたいと考えています。

面接もオンラインを基本に

採用活動時の面接も来社は任意として、オンライン面接を基本としました。以前から主に遠方の方を対象にオンライン面接を実施していましたが、新型コロナウイルスをきっかけとしてオンライン面接を基本にすることになりました。

面接をオンライン化することで、仕事をしている方や遠方にお住いの方でも、面接に参加しやすい環境が作れたと考えています。今後もオンライン面接をうまく活用していきます。

社員にマスク・消毒液を支給

今後の社会では新型コロナウイルスとうまく付き合うウィズコロナが求められます。弊社では会社から社員に対して、マスクと消毒液を支給することでウィズコロナ時代に対応しています。

弊社では社員が負担なく「長く」「円滑な就業」をおこなうためには、どうすればいいのかを常に考えてきました。もちろんウィズコロナの時代でも、その考えは変わりません。外部環境の変化には、スピーディーに対応してくことが企業には求められていると考えています。

テレワークを導入しオンライン会議も活用

弊社では新型コロナウイルスに対応するため、早急にテレワーク制度を導入しました。社員の安全を考えて早急に導入した結果、全部署でテレワークの実績があります。テレワーク中はZOOM等のWeb会議ツールも利用して、出勤時とできるだけ変わらない環境づくりにつとめています。

テレワークを導入したことによって、働き方も変化してきました。弊社では今後も業務効率化の観点から、テレワーク業務の可能性を探っています。テレワークはあくまで働き方の一つ。人によってはテレワークを導入することで、仕事を効率的に進められる人もいます。そのため今後もテレワークを働き方の一つとして考え、いかにテレワークを利用するかという考えをしていきたいと考えています。

まとめ

弊社では新型コロナウイルス対策のため、早急な対応をしてきました。ウェビナーやテレワークを積極的に導入することにより、社員の働き方も徐々にかわりつつあります。それに伴い会社説明会も、オンライン開催することが増えていきます。

しかしオンライン説明会でも、弊社が伝えることは変わりません。「日本一幸せな会社」というのは弊社が掲げている目標です。目標を達成するためには、外部環境の変化に素早く対応していかなければなりません。今後もさまざまな変化が起こる可能性がありますが、素早く対応して社員を幸せにしていきます。

弊社に興味をお持ちの方は、一度会社説明会にご参加ください。弊社では事業拡大に伴い新たな仲間を募集しています。