コラム

入社前までに何を準備してほしいか(資格、経験)

2020年10月15日

 

こちらの記事では、ネイチャーグループに入社が決まった人に向けて、入社までの準備について説明します。これからネイチャーグループへの入社を考えている人は、入社までの雰囲気を知る参考にもなります。

 

ネイチャーグループの考え・方針を知るきっかけにもなりますので、興味のある人は是非ご覧ください。

 

推薦図書を読んできてもらう

ネイチャーグループでは、代表芦田の書籍はじめ4冊の推薦図書を、入社前に読むことを薦めています。

いずれも役に立つ書籍ばかりなので内容を把握することはもちろんですが、書籍からネイチャーグループの考えを読み取ってもらうことも、推薦図書の狙いです。

 

例えば鬼速PDCAでは仕事をするうえで必要な『計画(Plan)・実行(Do)・確認(Check)・改善(Action)』の具体的な実行方法が学べます。これは弊社がスピード感を大切にして仕事をしているので、社員には高速でPDCAを回すスキルが求められるということも提示しています。クライアントの環境は常に変化しているので、それに対応する私たちも対応できるだけのスピード感を身につける必要があります。

 

このように本に書かれていることを実行することはもちろん、方向性の共通認識を持つためにも書籍を利用しています。ネイチャーグループに入社が決まった人は、推薦図書からネイチャーグループの仕事のあり方を学んでください。

業務に必要な資格の取得

ネイチャーグループは経営者・投資家といった個人に特化した資産運用・相続対策専門のコンサルファームです。業務をおこなうためには幅広い知識が求められるので、入社前に業務に必要な資格の取得を薦めています。

 

必要な資格は業務内容により異なりますが、簿記・FP・EA・税理士・宅建士などを推奨しています。ネイチャーグループは実力主義で、入社後意欲のある人材を求めています。業務に必要な資格を取得しているということは、やる気・能力があることの証明です。しかし、資格がないとできない業務ではないのであくまで知識レベルの1つの指標と考えています。

 

ネイチャーグループでは成果を出すためのプロセスとして、資格取得支援制度があります。資格取得支援制度では資格受講料の全額または一定額を会社負担して、社員が資格を取得しやすい環境を作っています。資格取得に興味のある人は、一度人事部までお問い合わせください。

 

基本的なパソコン操作の取得

Word、Excel、PowerPoint、タイピングといった基本的なパソコンスキルは、入社前に取得しておきましょう。特にExcelの操作技術は、社員全員に求められます。

 

Excelは関数を駆使することで、さまざまな分析が可能。クライアントの資産運用や相続対策をコンサルティングするためには、Excelが使える必要があります。Excelで関数が使える・一般的な見せ方ができるレベルを求めています。

 

まとめ

ネイチャーグループの業務では、さまざまなスキル・能力が求められます。そのため入社前からさまざまなことを学ぶ必要があります。しかしこの記事に記載されたようなことを身につけることで、入社後キャッチアップが早いと思います。

これからネイチャーグループで活躍したい、そんな想いを持っている方はぜひ推薦図書や資格の取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。ネイチャーグループは目標に向かって頑張る社員を、全力でサポートしてきます。