コラム

Mission

2020年11月20日

ネイチャーグループではネイチャーズフィロソフィを代表自らが定め、経営理念や行動理念を社員に提示しています。ネイチャーズフィロソフィにはさまざまな項目がありますが、こちらの記事ではその中の「Mission=行動理念」について紹介します。

Missionは実際に仕事をしていく上で、判断に迷った時指針にすべきことです。Missionを知っていただくことで、ネイチャーグループへの理解も深まっていくと思います。ネイチャーグループの考えを知りたい方は、よろしければ参考にしてください。

顧客に寄り添い、投資・相続の課題解決を通じ、社会に貢献する

ネイチャーグループのMissionは「顧客に寄り添い、投資・相続䛾課題解決を通じ、社会に貢献する」と記載しています。もう少しかみ砕いた言い方をすると、常にお客様の立場に立って考え、親身になったサービス提供をすることで、お客様も弊社もハッピーになり結果、社会貢献にも繋がるということ。

 

この中でポイントになるのは、お客様も弊社もハッピーになるという点です。お客様だけが幸せになってしまっては、弊社の社員に無理を強いていることになります。また弊社だけがハッピーになっても、お客様が苦しくなってしまっては意味がありません。双方がハッピーになることで、持続的な幸せを作っていくことができます。

クライアントとwinwinの関係を構築する

ネイチャーグループのMissionを達成るするためには、クライアントとwinwinの関係を構築しなければなりません。winwinはよく聞く言葉ですが、本当の意味でwinwinの関係を作ることは実に難しいことです。

 

winwinの関係を作るうえでは、売上・利益に関しての考え方が重要です。お客様はいいサービスに対して利益がでるくらいの金額を支払ってくれます。このときどちらかが得する損するという状態になってはいけません。ちょうどいい金額のバランスを見つけることが、winwinの関係構築につながります。

 

弊社では売上はクライアントからの評価指標であると位置づけています。クライアントの利益に貢献していれば、自然といいバランスの売上がついてきます。そのために日々努力を怠ることはありません。

利益がでなければ働いている人の環境が守られない

なんとかして売上を伸ばさなければ想いが強すぎると、ついつい値引きをして価格競争に陥ってしまいます。価格競争になるということは、それだけ会社の利益が減るということ。会社の利益がでなければ、働いている人の環境が守られなくなり、結果として社員が不幸になってしまいます。

 

会社の利益がでることで、社員の休み・給与・福利厚生・勤務地・人材などに反映されます。しっかりと利益を確保することで、社員は幸せになるという考えが非常に大切です。

利益を確保するためには

ネイチャーグループでは利益を確保するために、顧客のリピート率を大切にしています。一般的に新規顧客に販売するコストは、既存顧客に販売するコストの5倍かかると言われています。つまり顧客離れを5%改善できれば、利益が最低でも25%改善されるということです。

 

リピート率をあげるためには、お客様の要望にしっかり応えること、winwinの関係を作ることが大切です。そのため弊社にとってもお客様にとってもいい仕事を続けることが、会社の成長につながると考えています。

まとめ

ネイチャーズフィロソフィに記載されているMissionについて解説してきました。もし説明会などで会社に訪れる機会があれば、社員の様子を見学してみてください。Missionを理解して仕事をしている姿が見られます。