コラム

仕事をすることで人格が磨かれる

2021年2月3日

ネイチャーグループでは「仕事をすることで人格が磨かれる」という考えがあります。人格という言葉を辞書で引くと「独立した個人としてのその人の人間性」という言葉が書いてあります。

 

一見仕事と無関係そうですが、実は人格と仕事は密接に関係しています。こちらの記事では、ネイチャーグループが考える仕事と人格の関係を紹介します。

しっかりと仕事をしている人は常に努力をすることを心がけている

突然ですがみなさんの周りにいるしっかり仕事をしている人を、思い浮かべてみてください。その人は本を読む・セミナーに行くなどして、常に努力をしているのではないでしょうか。しっかりとした仕事の裏には、そうした努力が必要不可欠です。

 

さまざまなことを学んだ上で実践に移し、時には失敗・困難を乗り越えることで仕事ができるようになっていきます。そしてその仕事ができるまでの過程では、必然的に人格が磨かれてくのではないでしょうか。

人格を磨くことに特別な修行は不要

人格を磨くと聞くと、滝に打たれるなど特別な修行を思い浮かべる人もいるかもしれません。しかしそのために、特別な修行は不要です。むしろ日々の仕事がとても大切で、日々懸命に働くことで人格が磨かれていくと思います。

経験し乗り越えることで人格が磨かれる

仕事をしているとさまざまな問題に直面します。そんなとき問題を放置せず、きちんと改善することが大切です。困難な仕事を乗り越えるプロセスの中で、自然と人格が磨かれていくと思います。

 

そのためには行動を意識的に変えて、言動や感情を振り返ることが大切です。問題に直面したとき、それを放置してしまってはいつまでも問題は解決しません。問題を解決するという強い心を持って行動することが、人格を磨くことにつながっていきます。

人格を磨くと仕事ができるようになる相乗効果もある

人格が磨かれてくると、仕事ができるようになるという相乗効果もあります。そうした人は与えられた仕事をしっかりおこなう責任感があり、人柄がいいから自然と人が集まります。そのため仕事の話もその人に集まり、よりレベルの高い仕事に取り組むようになります。

 

レベルの高い仕事を最初は困難に感じると思いますが、人格が磨かれた人は困難を乗り越える術を身につけています。困難を乗り越えることでさらにレベルアップし、さらにレベルの高い仕事につながっていくのではないでしょうか。

 

しっかりと仕事をしている人は、より多くの仕事が入ってくるループに入れます。日々コツコツと努力をして困難を乗り越えることが、仕事にもつながると思います。

 

まとめ

ここまでネイチャーグループの仕事をすることで人格が磨かれるについて紹介しました。人格を磨くという言葉を聞くと大事に感じてしまうかもしれませんが、実際に大切なのは日々の努力です。困難に直面しても逃げずに乗り越える、それを繰り返すことで人格が磨かれ、より良い仕事をできるようになるのではないでしょうか。