コラム

心・技・体

2021年3月31日

スポーツでよく使われる「心技体」という言葉があります。心・技・体をバランスよく鍛えることの重要性を説いていますが、これはビジネスにも応用できます。ネイチャーフィロソフィーの中には心・技・体という項目があり、心・技・体それぞれの項目について解説しています。

 

心・技・体を整えるためには、どのような行動をすればいいのか。今後のビジネス経験に活かすためにも、この記事を参考にしていただければ幸いです。

【心】はやる気【技】は能力【体】は健康

ビジネスにおいて心・技・体は、心はやる気・技は能力・体は健康と言い換えることができます。もちろんすべて大切なものなのですが、その中でも大切なものは心です。心が整って入れば目標に向かって努力したり、能力を高めたり、体調管理に気をつける意欲が生まれてきます。

 

つまり1番初めに身につけるべきものは、心だと考えています。まずは心を安定させるためにはどうすればよいのか、学んでいきましょう。

メンタル面は豊かで落ち着いて安定していることが大切

心つまりメンタルが落ち着いていると、技や体は自然と身についていきます。そのためにはまずメンタル面を安定させる状態にすることが大切です。

 

何かトラブルがあっても一度落ち着き、冷静に対応するなど、心を安定させることを第一に考えましょう。心が安定していない状態でトラブルに対処すると、どんなに能力があっても失敗する可能性が高くなってしまいます。

心・技・体は密接に関係している

心・技・体はすべて密接に繋がっており、相互に影響を与えています。健全な精神は健全な肉体に宿ると言うように、健康な肉体「体」と健全なマインド「心」があり、そのうえでいくつものスキル「技」が磨き上げられていきます。

 

そのためどれか1つでもないがしろにしてしまうと、自然と他の2つも崩れてきてしまいます。例えば病気をしてしまうと精神的にも落ち込み、能力も落ちていってしまうようにです。心・技・体は密接に関係しているものなので、3つすべてがバランスよくなるように気をつけています。

心・技・体がそろっていれば最高のパフォーマンスが発揮できる

そして心・技・体がそろった時、人間は最高のパフォーマンスが発揮できます。逆に何か1つでも欠けていると、パフォーマンスは一気に落ちてしまいます。自分のパフォーマンスがうまくいかないときは、心・技・体の何かが欠けている可能性が高いです。自分には今何が欠けているのか落ち着いて考えてみましょう。

 

心・技・体を磨くことで人生は豊かになり、夢の実現にもつながっていきます。心・技・体どれも欠けていないか、常に考えるようにしておきましょう。

まとめ

ここまでネイチャーフィロソフィーの「心・技・体」という項目について解説してきました。3つの項目の中で1番大切なものを挙げるとしたら心ですが、他の2つもパフォーマンスを発揮するためには欠かせません。まずは心を豊かにして安定させ、そのうえで技と体も磨いていきましょう。心・技・体をそろえることができれば、最高のパフォーマンスが発揮でき、目標の実現につながっていくといいですね。