コラム

挨拶

2021年4月14日

「挨拶はきちんとしましょう」みなさん子供の頃から言われてきた言葉ではないでしょうか。毎日当たり前のようにしている挨拶ですが、挨拶はとても大切なコミュニケーション手段で、ないがしろにしてはいけません。

 

ネイチャーグループでは挨拶することを大切に考えています。こちらの記事では、なぜネイチャーグループでは挨拶を大切にしているのか紹介していきます。

「おはようございます」に込められた意味

毎朝の「おはようございます」には、「昨日はありがとう。今日も1日よろしくお願いします。」という気持ちが込められています。毎日「おはようございます」という挨拶をすることは、コミュニケーションをとるうえでも重要です。

 

相手への気づかいやリスペクトを込めながら、気持ちよく挨拶をしましょう。気持ちのいい挨拶をされるだけで、相手はその日1日頑張ろうという気持ちが湧いてくることがあります。コミュニケーションを円滑にしたいと考えている方は、まず挨拶から意識してみてはいかがでしょうか。

挨拶することは相手をリスペクトするということ

挨拶には相手への敬意・リスペクトを示す力もあります。上下関係とは関係なく、相手の存在をリスペクトしているかどうかが重要です。

 

誰にでも分け隔てなく挨拶できる人は、多くの人に敬意をはらっているので相手からも敬意をもって接してくれます。自分から積極的に挨拶をすることで、人間関係も円滑になっていきますよ。

挨拶は立派なコミュニケーション

相手をされた人は、してくれた人に対して安心感を感じます。それは無視されなかったこと、自分の存在を認めてもらえたことなど、嬉しい気持ちになります。特に尊敬している人から挨拶をされたときは、この気持ちが強くなります。

 

毎日当たり前のようにする挨拶ですが、立派なコミュニケーション手段の1つです。挨拶を軽んじることなく、むしろ挨拶から気持ちを込めて相手とコミュニケーションをとっていきましょう。

たかが挨拶されど挨拶

毎日する挨拶はともすると軽んじられてしまいますが、とても重要なコミュニケーション手段です。人間関係は挨拶にはじまり、挨拶に終わります。たかが挨拶、されど挨拶です。挨拶に気持ちを込めることで、コミュニケーションのとりやすさは大きく変わってきますよ。

 

挨拶は円滑な人間関係を気づく潤滑油のようなものです。いつの時代でもビジネスマナーの基本であり、大切な仕事であると認識しましょう。上司・同僚・取引先・ビルの清掃員などあらゆる人とコミュニケーションをとる手段が挨拶なので、挨拶はしっかりと意識してするようにしましょう。

まとめ

ここまでネイチャーグループの挨拶に関する考え方を解説してきました。挨拶は毎日することなので、どうしてもなあなあになってしまうことがあります。しかし挨拶を気持ちのいいものに変えるだけで、人とのコミュニケーションは大きく変わります。

 

みなさんも気持ちのいい挨拶をされたら、その人とはコミュニケーションがとりやすそうと感じたこともあるのではないでしょうか。挨拶は立派なコミュニケーション手段です。どんな人であろうと相手をリスペクトして、気持ちのいい挨拶をしていきましょう。