インタビュー

鈴木 陽菜

スキルアップを実感できる環境です

税務 課長

YUNA SUZUKI

鈴木 陽菜

スキルアップ、成長について

大学時代に会計を学んでおりましたが実務経験が無かったので、入社後に生きた税務の知識が身に付いてきたという印象があります。普通のファームではできない色々な経験をさせていただけるので、専門性スキルはもちろん、マナーや話し方など基本的な部分のスキルアップもできたと思います。

以前代表からも指摘を頂いたのですが、自分では普通だと思っていたことでも、話し方や電話の対応で相手にマイナスの印象を与えてしまう言動があることに気が付きました。巨額の資産をお持ちのお客様となれば、それに伴う悩みもそれぞれ多くあり、こちらが幅広い知識を持っていないとお客様に満足は頂けないのだと実感しています。自分の対応外の部分でも、視野を広げてアンテナを広く持ち、日々の仕事に取り組むよう心がけています。

今は、もともと勉強は嫌いでないこともあり、新しい境地に踏み込んで実務の知識が付いてくることに楽しさを感じています。今行っている分野が非常に専門的な内容なので、特にそう思うのかもしれません。

弊社では、学べば学ぶほど知識が付き活躍できますので、次のステップへ進んでいることが実感できます。お客様と会話をしている中で、研修で行った内容との繋がりを実感する場面があると、仕事の面白さや自分の成長を感じることができます。

現在、社員の方たちは未経験者も多く、全ての業務が新鮮で新しいことと思います。
ついていくのが大変な部分もありますが、そのための研修もたくさん用意されています。私も毎週勤務時間中の研修に参加していますが、研修を重ねていくと実務の際に知識が活きてきているのを実感できます。

どのようなことにやりがいを感じますか?

どのようなことにやりがいを感じますか?

職場の雰囲気はとても良いと思います。私は、前職が保険会社で女性営業員の多い会社でした。今の環境も比較的女性が多いので大きくは変わらないのですが、特に異なる点は、お互いになんでも言い合えるところです。お客様からクレームになってしまった時は、「それは違うよね」と言われることはもちろんありますが、自分を否定されるというよりは、次に活かすためにどうしたら良いか、という前向きな議論となるので、職場の環境としては本当に働きやすいと感じます。

弊社のクライアントには第一線で活躍される一流の方が多いので、仕事をしていく上での大変さはあります。ですが、理不尽なことはなく、人間関係のストレスはフリーなので、非常に良いバランスでビジネスができていると思います。女性が多いと人間関係が大変ではないかと言われることがあるのですが、そのようなことは一度も感じたことがありません。代表との距離も近く、非常にフラットな会社だと思います。

やりがい

様々な業務を自分に任せてもらえる点が一番のやりがいに繋がっています。前職は決まった仕事をこなすことも多かったのですが、現在は出来る仕事があればどんどん任せていただけます。他のファームでは担当できない案件も任せてもらえるので、一流のお客様、関係者とビジネスができ、業務のやりがいもあります。

普通のファームでは、お客様から領収書を頂いてその領収書を精査して貼り付けて申告、という流れになると思いますが、弊社のクライアントは資産規模が非常に大きいので、それ以外にお客様の資産を形成するためのシミュレーション提案や資産運用コンサルティング等、お客様の人生に直結する多様な業務があるところにやりがいを感じています。

どのような人と働きたいですか?

どのような人と働きたいですか?

一つの目標に向かって同じ方向を見ている、というところが弊社の長所と考えているので、「なんでもやってみたい」というチャレンジ精神のある方がマッチすると思います。

逆に一つの決まった仕事をしたいという人は難しいかもしれません。業務の幅が広く、経験が浅い人間でも責任ある業務を与えられるので、柔軟性のある方が向いていると思います。

求職者へのアドバイス

自分の可能性を決めつけさえしなければ、今まで体験できなかったこと、出会えなかった人と繋がることができ、未来が開けてくると思います。様々なことにチャレンジ精神を持ち、お互いWIN・WINな関係でいられる繋がりを作っていくことが、ビジネスライフをより豊かにしていくのではないでしょうか。

その他のインタビュー