NATURENATURE

  • mail

2017年9月15日2021年3月19日国際資産税

国外資産の申告漏れとその対応策(第2回)

地球儀画像

申告漏れがある場合には、本来不足していた税額を支払うだけでなく、罰則として次の税金が発生する場合があります。

延滞税

まず、納税の遅延に対する利息にあたる延滞税が課されます。延滞税は、納付期限の翌日から納付するまでの日数に応じて、本来納めるべき税金に一定の利率を乗じて計算されます。ここ数年の延滞税の利率(年利)は以下の通りです。

期間 割合
 下記(A)対応分 下記(B)対応分
 2014年1月1日から2014年12月31日  2.9% 9.2%
2015年1月1日から2015年12月31日  2.8% 9.1%
2016年1月1日から2016年12月31日  2.8% 9.1%
 2017年1月1日から2017年12月31日  2.7% 9.0%
  • (A) 納期限の翌日から2カ月を経過する日まで
  • (B) 納期限の翌日から2カ月を経過した日以後

無申告加算税

期限後申告(定義については第1回参照)を行った場合に課される罰則です。無申告加算税は、原則として以下のように課されます。

  • 申告により納付すべき税額のうち50万円以下の部分:15%
  • 申告により納付すべき税額のうち50万円を超える部分:20%

なお、税務調査を受ける前に自主的に期限後申告をした場合等には、一定の税率軽減があります。

上記は日本の罰則についてのご説明でしたが、国外に財産がある場合には、その財産の所在地国における納税漏れ及び罰則についても留意しなければいけません。
ペナルティの形態は各国様々ですが、追徴税額の最大500%分のペナルティを課すなど非常に厳しい規定のある国や、未納税金がある場合に次回の入国ができなくなる国などがあります(いずれも現地当局との交渉等により緩和される余地はあります)。

納税額が高額になる方にとっては、上述の延滞税や加算税等のインパクトも大きくなりますし、場合によっては紙面を騒がせるなどのリピュテーションリスクも伴います。このような状況を避けるため、申告が適正に行われるよう十分な準備とケアが必要です。

対策として、財産の増減や収入支出について自身である程度把握しておくこと、また、自身の状況をよく知った税理士に依頼するなどすれば、リスクの低減が図れると思われます。特に、国外が絡む案件については、知識・経験・ネットワークが豊富にある専門家のアドバイスを仰ぐとよいのではないでしょうか。

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら 無料相談はこちら

芦田ジェームズ 敏之

芦田ジェームズ 敏之

【代表プロフィール】
資産規模100億円を超えるクライアントの案件を数多く抱えてきた異彩を放つ経歴から、「富裕層を熟知した税理士」として多数メディアに取り上げられている。 培った知識、経験、技量を活かし、富裕層のみならず幅広いお客様に税金対策・資産運用をご提案している。 現在は代表税理士を務める傍ら、英国国立ウェールズ大学経営大学院に在学中(MBA取得予定)。
英国国立オックスフォード大学ELP修了。東京大学EMP修了予定。
また、Mastercard®最上位クラスで、富裕層を多く抱えるクレジットカードLUXURY CARDのオフィシャルアンバサダーに就任。

◇◆ネイチャーグループの強み◇◆
・〈富裕層〉×〈富裕層をめざす方〉向けの税金対策/資産運用専門ファーム
・日本最大規模の富裕層向けコンサルティング
・国際的な専門家ネットワークTIAG®を活用し国際案件も対応可能
・税理士法人ならではの中立な立場での資産運用

お問い合わせCONTACT

ご相談・ご質問など、
お気軽にお問い合わせください。

mali ご相談フォーム

資料ダウンロードDOWNLOAD

資料

download 無料ダウンロード
資料ダウンロード 資料ダウンロード

本サイトでは、クッキーを利用します。アクセスすることにより、クッキーの使用に同意するものとさせていただきます。