NATURENATURE

  • mail

2022年8月19日2022年7月27日投資

投資は安全にできる?リスクや安心して運用するための対策方法まとめ

画像

投資とは、株や不動産を購入し、配当金や利息、譲渡益を得ることで資産を増やす方法です。少子高齢化が進む日本では、将来の不安から投資を始める方が増えつつあります。

しかし、投資は資産を失うリスクが高く、安全ではないと思い込んでいる方も少なくありません。そこでこの記事では、投資は安全なものなのか解説しつつ、投資のメリットや魅力を紹介します。投資のリスクを理解し、できる限り安全に資産運用に取り組むためにも最後までご覧ください。

無料相談はこちら

投資は安全なものなのか

画像

投資は必ずしも安全とは言い切れません。正しく運用することで資産を増やせる一方、減るリスクもあるためです。投資のリスクを理解することで、安全な投資が可能になるでしょう。ここでは、リスクと貯蓄との違いについて解説します。

投資はリスクがある

投資は資産を増やすための方法ですが、損失のリスクもあります。大きなリターンを望めば、リスクも相応に大きくなるので注意が必要です。例えば、急成長している会社の株式を購入した場合、今後も成長し続ければ大きなリターンが得られますが、倒産すると価値はなくなります。

安全に投資を続けるには、許容できるリスクを明確にし、リスクを回避する方法を知る必要があります。

投資と貯蓄の違いは?

貯蓄とはお金を蓄えることで、普通預金や定期預金が該当します。貯蓄するだけでは資産は増えませんが、お金が必要なときにすぐに引き出せるため、流動性が高いのがメリットです。一方、投資は資産を増やせますが、急にお金が必要になってもすぐに現金には変えられないデメリットがあります。

貯蓄はすぐに現金が必要なときのための備えで、投資は長期的に見た将来の備えと考えればよいでしょう。

押さえておきたい投資のリスク

画像

安全な投資のためには、リスクの種類を知る必要があります。リスクについて理解すれば、事前に対処し回避できるためです。ここでは、代表的な投資のリスクを4つ紹介します。どのリスクも重要であるため、投資を始める際に把握しておくとよいでしょう。

価値が変動するリスク

投資対象の株や不動産、通貨は常に価値が変動するリスクがあります。価値が上がる場合もありますが、社会の情勢や経済状況により急激に下がることも考えられます。

例えば、会社の株を保有している場合、会社の業績が下がれば株の価値も下がるのが一般的です。不動産も地震や周辺の環境変化により価値が下がるリスクが存在します。価値の変動は正確に予測できないため、シミュレーションをしてリスクに備える必要があるでしょう。

流動性のリスク

流動性のリスクとは、保有する資産を売ろうとしたときに、希望した金額やタイミングで売れないリスクです。例えば、上場していた企業の株価が不祥事により極端に下がった場合、売ろうと思っても買い手が見つからない恐れがあります。

他にも、運用期間と資金を調達する期間が合わず、高金利で資金を確保しなければならなかったり資金確保そのものが困難になったりすることも流動性のリスクと呼びます。

金利が変動するリスク

金利に関わる金融商品を保有している場合、金利が変動するリスクがあります。特に、債権に投資する際は、金利の変動リスクは理解しなければなりません。債権は、市場の金利が上がると価格が下がり、市場の金利が下がると価格は上がります。市場の金利が上がった際に、投資家が金利の低い債権を売ろうとするためです。

他にも、変動金利のローンを利用し不動産に投資している方も返済額が増える恐れがあるため、金利が変動するリスクは意識したほうがよいでしょう。

信用のリスク

信用のリスクとは、企業の経営悪化により投資家から預かっていたお金を返済できなくなるリスクを指します。例えば、個別株に投資していた場合、対象の企業が経営不振に陥ると元本や利息が返済されません。

信用のリスクは株式だけでなく、国債や社債にもあります。国や企業に投資する際は、元本が保証されないリスクがあることを覚えておきましょう。

お役立ち資料をプレゼント

投資におけるリスクとリターンの関係性

画像

投資におけるリスクとリターンの関係は比例的です。高いリターンを望むのであればリスクも高く、リスクを抑えればリターンは少なくなります。ローリスクで高いリターンを得るのは難しいものの、高いリスクを負ったからといって必ずしも多くのリターンを得られるわけではありません。

投資する際は、リスクとリターンの関係性を理解した上で、目標に達するための方法を選択する必要があります。

安全な投資のためにできる対策

画像

できる限り安全な投資をするには、リスク対策が必要です。ここでは、安全な投資のためにできる対策を3つ紹介します。これから投資を始める方が大切な資産を守るために必要な対策です。それぞれを理解した上で投資をスタートしましょう。

少額の投資から始める

投資が初めてで慣れていない方は、少額から開始したほうがリスクを軽減できます。万が一、価値が下がっても損失のリスクが最小限で済むためです。

少額で始められる投資として挙げられるのは、毎月少額の資金を積み立てて投資する「積立投資」です。大きなリターンを望むのであれば多額の資金が必要ですが、投資の勉強のためにも少額から始めて少しずつ慣れていきましょう。

長期保有を念頭に置く

投資で安全に資産を増やすには、長期保有を念頭に置きましょう。短期間で利益を上げようとすると、損失のリスクが高くなります。株や通貨は短期間で見ると価格の上下が激しく、どちらに転ぶか予測がつかないためです。

長期で運用すると、価格の動きを把握しやすくなり、変動のリスクが減ります。また、常に相場を確認する必要がないため、負担が少ないのもメリットです。

分散投資をする

安全に投資を続けるには分散投資が重要です。分散投資とは、投資先や時期を分散することで、リスクを軽減できます。

例えば、株に投資する場合、ジャンルの違う個別株を購入したり、購入時期をずらしたりする方法があります。投資対象を株だけでなく、不動産や債権に割り振るのも分散投資です。投資対象を分散するには知識が必要なため、初めて投資する方には時期を分散する方法をおすすめします。

投資のメリットや魅力は?

画像

投資は、リスクばかりが注目されがちで、危険であると認識している方も少なくありません。しかし、リスクを理解した上で適切な対策を講じれば、さまざまなメリットがあります。ここでは、投資のメリットや魅力を3つ紹介します。

利益を得られる

投資の最大のメリットは、利益が得られることです。銀行に預けるだけでは、お金はほとんど増えません。一方、投資した資産の運用が順調であれば、保有する金融商品が値上がりし利益を得られます。中でも、不動産投資は家賃収入で安定的な利益を見込める投資方法です。

投資は時間や手間をあまりかけずに大切な資産を増やせる可能性があるため、しっかりと学んだ上で挑戦するとよいでしょう。

レバレッジ効果が期待できる

不動産投資の場合、ローンを組んで投資をすると、少ない自己資金で大きな利益を得られる可能性があります。これをレバレッジ効果といい、投資の魅力のひとつです。

例えば、自己資金が同じでも、自己資金で買える物件に投資した場合よりローンを利用して高い物件を購入したほうが高い利回りが期待できます。ただし、家賃収入が得られないときはローンの返済が滞る恐れがあるため、事前にシミュレーションをすることが大切です。

節税対策になる

不動産投資の場合、所得税や住民税、相続税の節税効果が期待できます。不動産の購入費用を減価償却費として毎年計上することで、所得税や住民税を減らせるでしょう。

また、収益目的の不動産を相続する場合、現金や株式で相続をするより評価額が低いため、相続税の節税になります。不動産投資は継続的な収入を得られるだけでなく、節税対策にもなることが魅力のひとつです。

投資に関する不安はネイチャーグループにご相談を!

投資は大切な資産を増やすために有効な手段です。しかし、どのような投資でもリスクは存在します。知識のない初心者が投資しても、資産が減るリスクが高いでしょう。

ネイチャーグループ(税理士法人ネイチャー、株式会社ネイチャーウェルスマネジメント)では、投資初心者でも分かりやすく資産運用を理解できるように無料のウェブセミナーを開催しています。資産運用だけでなく税務についても学べるため、お金の悩みを解決する手助けになるでしょう。

ご相談いただければ、累計1万件の相談・案件実績と最新の情報をもとに、資産運用や税金の悩みを解決します。

まとめ

画像

どのような投資にもリスクは存在し、安全とは言い切れません。ただし、リスクを理解して正しい対策を講じれば、資産を増やす大きな力となります。例えば、「少額の投資から始める」「分散投資をする」といった対策もリスクを減らす方法のひとつです。

自身に合った投資や具体的な投資先に悩んでいる方は、ネイチャーグループ(税理士法人ネイチャー、株式会社ネイチャーウェルスマネジメント)にご相談ください。資産運用に関する専門知識を持つプロがお客さまの安全な投資をサポートします。

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら

無料相談はこちら

芦田ジェームズ 敏之

芦田ジェームズ 敏之

【代表プロフィール】
資産規模100億円を超えるクライアントの案件を数多く抱えてきた異彩を放つ経歴から、「富裕層を熟知した税理士」として多数メディアに取り上げられている。 培った知識、経験、技量を活かし、富裕層のみならず幅広いお客様に税金対策・資産運用をご提案している。 現在は代表税理士を務める傍ら、英国国立ウェールズ大学経営大学院に在学中(MBA取得予定)。
英国国立オックスフォード大学ELP修了。東京大学EMP修了予定。
また、Mastercard®最上位クラスで、富裕層を多く抱えるクレジットカードLUXURY CARDのオフィシャルアンバサダーに就任。

◇◆ネイチャーグループの強み◇◆
・〈富裕層〉×〈富裕層をめざす方〉向けの税金対策/資産運用専門ファーム
・日本最大規模の富裕層向けコンサルティング
・国際的な専門家ネットワークTIAG®を活用し国際案件も対応可能
・税理士法人ならではの中立な立場での資産運用

お問い合わせCONTACT

ご相談・ご質問など、
お気軽にお問い合わせください。

mali ご相談フォーム

資料ダウンロードDOWNLOAD

資料

download 無料ダウンロード
資料ダウンロード 資料ダウンロード

本サイトでは、クッキーを利用します。アクセスすることにより、クッキーの使用に同意するものとさせていただきます。